浮世絵 がま口クラッチバッグ 相馬の古内裏

京東都10周年記念商品「がま口クラッチバッグ」

【京東都(きょうとうと)】は、ニッポンの伝統=「京都」とニッポンの今 =「東京」を掛け合わせたブランドネーム。 京都の刺繍工房が、新しい文化継承のかたち・刺繍の可能性を考える「京都発、東京経由~世界行き。」の、刺繍ブランドです。

〇相馬の古内裏〇
ニッポンを代表する天才絵師たちが残した絵画を、様々な刺繍の手法を使いながらオマージュ。江戸時代の浮世絵師、歌川国芳。山東京伝による読本「忠義伝」の一場面、源頼信の家老大宅光国と平将門の遺児で妖術を操る滝夜叉姫との対決の場面。
御簾を破って大きく半身を乗り出す巨大な骸骨は、妖怪「がしゃどくろ」のイメージと重なっている。

《商品の仕様》
サイズ/25cm×17.5cm×8.5cm 口径(Opening Part)24cm 持ち手102~127cm
素材/麻50% 綿25% レーヨン25%
製造国/日本製

《お取扱い上の注意》
濃色の染は、使い始めや摩擦によって色落ち、色移りする場合があります。濡れた状態での放置又は水洗いはお避け下さい

¥ 21,600

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 宅配便

    全国一律 648円

※20,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。